介護現場のストレス

介護現場でのパワハラやセクハラへの正しい対処方法

更新日:

パワーハラスメント

パワハラとは

最近、パワーハラスメント(パワハラ)が社会問題化しています。メディアを通じてパワハラのニュースがよく伝えられているので、ご存知の方も多いと思います。

パワーハラスメントとは、権力や地位などの力関係を利用した嫌がらせのことです。

誰もが加害者や被害者になる可能性があるので十分な注意が必要です。

特に、指導的立場にある人などは、善意を持って適切に指導していると思っていても、相手にとってはパワハラだととられてしまうことがあるかもしれません。

このように、パワハラの定義は曖昧です。相手の解釈によって、あなたの何気ない行為もパワハラになってしまう可能性があるので、気を付けなければいけません。

厚生労働省では、パワハラを以下のように定義しています。

職権などのパワーを背景にして、本来の業務の範疇を超えて、継続的に人格と尊厳を侵害する言動を行い、就業者の働く関係を悪化させ、あるいは雇用不安を与えることをいいます。

【パワハラの分類】
(1)身体的な攻撃(暴行・傷害)
(2)精神的な攻撃(脅迫・暴言等)
(3)人間関係からの切り離し(隔離・仲間外し・無視)
(4)過大な要求(業務上明らかに不要なことや遂行不可能なことの強制、仕事の妨害)
(5)過小な要求(業務上の合理性なく、能力や経験とかけ離れた程度の低い仕事を命じることや仕事を与えないこと)
(6)個の侵害(私的なことに過度に立ち入ること)

 

介護現場のパワハラ事情

介護現場においても、教育や指導といった範囲大きく逸脱して、敵意や悪意を剥き出しにしたり、ひどい場合には人格否定をするなど、ひどいパワーハラスメントが報告されてきています。

介護職は非常にストレスの溜まる仕事です。

そのため、ついつい周りの同僚たちにきつく当たってしまうこともあるでしょう。

そして、自分よりも劣っている相手を見つけては、言葉の暴力で意図的にいじめを行うということは実際にはあることなのです。

特に、新人が標的にされてしまう場合が多いようです。

自分ではそんなつもりはなくても、忙しさのあまり、トゲトゲしい態度になってしまうことがあります。

もしかすると、多くの方がそんな経験をしているかもしれません。

しかし、そうなってしまえば介護現場での人間関係は悪くなり、雰囲気も暗くなってしまうでしょう。

特にリーダーと言われるポジションにある人や管理職であればなおさらです。

施設長など、指導的立場にある人が厳しい態度で周りに接してしまうと、職場は居づらい場所変貌していってしまうのです。

そうならないためにも、意識して明るく振る舞い、周りに優しく接するようを心がける必要があります。

 

加害者や被害者にならないためのパワハラチェック

もしあなたが、「自分もパワーハラスメントをしているかもしれない」、または「これはパワハラなの?」と不安なのであれば、以下の項目をチェックしてください。

これらの要素はパワハラに認定される可能性があります。加害者にならないだけではなく、自分が被害者にならないためにも、パワハラの定義を知っておく必要があります。

■周りからせっかちと言われる

■無駄に過ごす事は耐えられない

■とにかく結果や結論を聞きたい

■ついつい理論的に相手を責めてしまう

■相手がぐずぐずしていると何が言いたいんだと言いたくなってしまう

■仕事ができない人を見るとイライラしてしまうことが多い

■欠点を言ったりマイナス思考の人には叱咤激励をすることが多い

■弱音を素直に吐くのは苦手

■相手の話をじっくり聞くのは苦手

■カッとなったりキレやすい

■沈黙は苦手

■言葉が強かったり溜め込んで爆発することが多い

■机をドンドン叩く

■舌打ちをする

■失意のため息をつく

■お前なんかやめちまえと口走る

■とっとと出て行けと口走る

■何度言ったらわかるんだと強く注意する

■出来て当たり前だと叱責する

 

パワハラをしてしまう世代

パワハラ

このような項目に当てはまる行動とっていれば、あなたはパワーハラスメントの加害者、または被害者かもしれませんです。

特に、比較的古い教育を受けている根性論がまかり通った世代は、多少の叱責は励ましと同義であって、むしろ好意として行ってる場合があります。

利用者(入居者)がまさに世代でしょう。

つまり、パワハラは利用者が加害者になることもあるのです。

しかし、今の若い世代にその考えは通じません。自分の親にさえ怒られたことがない若い世代もいるので、叱責なんてもってのほかです。

彼らには愛情もって、まるで友人かのように接してあげることが必要なのです。

 

パワハラ退職の結果は既存メンバーへの負荷に

そして、パワーハラスメントにより、同僚が退職を決意してしまえば、その仕事は残ったメンバーの負担になります。

つまり、あなた自身や同僚の首を絞めることになるのです。

また、うつ病になってしまえば、同僚や管理職として、その責任を問われることになるかもしれません。

今、介護現場ではうつ病になる職員が沢山おり、それが社会問題化しています。

そうならないためにも、周囲との調和を考えながら、誰とでも優しく接する必要があります。

それがあなたの仕事の負荷軽減にもつながるのです。

 

最悪は裁判沙汰になることも

さらに言えば、パワハラの疑いをかけられてしまえば、場合によっては裁判沙汰になってしまうかもしれません。

それに、そこまではいかなくても、少なくてもあなたの介護施設内での評判は落ちてしまうでしょう。

パワハラと思われる行為に、何のメリットもありません。

あなた自身が損をしないためにも、周囲への対応は十分な配慮が必要なのです。

介護パワハラの判例

毎日1時間前の出勤を強要されたり、残業の申請を恫喝的に拒否されたり、とくかく高圧的に管理されました。また、利用者の前でも、多くの職員に罵声を浴びせるなど、傍若無人の態度を取る上司がいるため、職員は萎縮してしまい、仕事どころではない心境になっていました。利用者も職員間の人間関係をすごく気にされていて、本来なら頼みたいことも頼めず、施設全体の雰囲気が悪くなっており、退職者も続出していました。
子供っぽい性格の上司は自分の機嫌が悪いと職員に当たってきます。仕事に関する叱責ならまだいいのですが、プライベートで気に入らないことがあり、不機嫌であるときも職員に当たり散らすので、職員達はいつもその上司の機嫌を伺っている状態でした。ヒドい場合にはものを投げたりすることもありました。こんな人の指示には従えないと多くの職員が退職していったため、介護現場は火の車で、より忙しくなり、また人が辞めてしまう悪循環になりました。すべては上司のパワハラが原因です。

 

パワハラ被害に悩んでいるなら

パワハラ被害

一方で、もしあなたがパワーハラスメントをされて悩んでいるのであれば、いくつかの対処法があります。

パワーハラスメントをする人に注意をしたところで、逆にもっとキレられる可能性があります。

そうなればあなたは一層の攻撃の対象になってしまうでしょう。

そのパワハラ地獄から抜け出せなくなる可能性もありますので、慎重に行動するようにしてください。

物的な証拠を残す

最低限できることは「証拠を残す」ことです。

実際のパワハラの現場を、ICレコーダーやスマートフォンを使って発言を録音します。

録音がバレてしまうリスクがある場合は、その内容を必ずメモにしてください。

相手、日時、場所、内容などを詳細に明文化しておきます。

これらの記録は裁判になったときに役立つばかりでなく、密かに証拠を持っておくことにより、相手に対し、対等の立場なったと心理的な余裕が生まれるメリットがあります。

他の被害者を探す

職場内に別の被害者がいるかもしれませんので、できれば共同で戦いましょう。

個人攻撃をすることをありますが、パワハラをする人は誰に対しても攻撃的な態度を取る傾向にありますので、あなた以外にも「被害者」がいる可能性があります。

仲間と情報交換できれば、心強く、精神的にも余裕ができるはずです。

経営者や施設長に相談する

直属の上司からパワハラを受けている場合は、さらに上の上司を頼るのが、パワハラのセオリーです。

他の被害者や事情に詳しく、あなたに有利な証言してくれる目撃者を味方につけ、一緒に訴え出られれば効果的です。

証拠に基づいて冷静に経緯を説明しましょう。

権限を持っている人が公式に指導してくれれば、態度を改める可能性は高くなるでしょう。

厚生労働省などの公的機関に相談する

厚生労働省が主管している総合労働相談コーナー全国労働基準監督署など、公的な専門機関があります。

公的機関なので無料ですし、効果的なアドバイスがもらえるばかりではなく、状況が酷い場合には、強権的に環境を改善してくれることもあります。

自身の健康や入居者に重大な影響を与えている場合などは、相談することをおすすめします。

 

それでもダメなら、転職を考える

それでもダメなら、もしかすると転職を決意した方がいいかもしれません。

そうなる前に今いる介護施設を諦め、新たな介護施設への転身をはかるという選択肢も視野に入れておくべきです。

パワーハラスメントの被害は、転職を決意するに十分な理由となります。

くだらない人間関係に悩んでいるより、新たな世界で自分らしい働き方を実現する方がメリットも大きいと思います。

介護施設は常に人手不足の状態なので、有利な条件で転職することができるでしょう。

パワハラに悩み、ストレスを溜めているぐらいなら、いっそ自分らしい働き方を実現した方がいいかもしれません。

 

介護パワハラ・セクハラQ&A

高橋さん
利用者からセクハラ言動を受けていて仕事に行くのが怖いです

介護コンサル
まず、あなたが利用者から、何度もセクハラを受けている事実を管理職に報告しましょう。そして自分がサービス提供に行くことに恐怖を感じていることも伝えましょう。
セクハラ行為を上手くかわせるうちはいいですが、強引になったり暴力的になった場合はきちん言葉を発してください。利用者にはこのような行為が続く場合は、サービスの継続が難しいことや担当交代があり得ることを告げてください。
それでもセクハラが続く場合には、すぐ管理職に報告し、そのときの状況(日時、 場所、相手、具体的なやり取り)を手書きでもいいので書面に書き留めて報告してください。加害者が事実を認めない場合や「ヘルパーも喜んでいると思った」「感謝の気持ちを現した」などこのようなケースは貴任の所在が難しくなることも多いので、証拠を押さえておく必要があります。
その後は、ケアマネジャーや家族に伝え、対策を検討することになります。具体的には、再発防止に向け業務フローの変更や担当の変更などを協議する必要があります。
セクハラ被害はショックだと思いますが、自分を責めたり、実績を積んだこの仕事に対し、ネガティブに反応せず、同じような経験をした同僚から話を聞いたり相談したりして、この経験を 教訓にするよう前向きに捉えてください。

介護関連の情報を取得できるサイト

メドフィット 介護求人.com

「メドフィット」は、医療・介護専門の求人情報を無料でご提供するサイトです。医療・介護の求人数は業界最大級!専任エージェントがあなたの転職・就職を徹底サポート。メドフィットだから納得の転職を実現します。介護福祉士、社会福祉士、ケアマネージャー、ホームヘルパー、介護職員実務者研修、精神保健福祉士(介護職)、臨床検査技師、臨床工学技士、放射線技師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、機能訓練士、視能訓練士、細胞検査士、胚培養士の方にオススメです。

スマイルSUPPORT介護

「スマイルSUPPORT介護」 介護のお仕事紹介

 介護分野の総合人材サービスで、職業紹介、紹介予定派遣、派遣、新卒・第二新卒紹介すべてをサポートします。経験豊富なキャリアコンサルタントが担当し、希望条件や要望をもとにお仕事を紹介します。面接の日程調整や条件交渉もサポートします。全国の求人の取り扱い増加中!ケアマネージャー(介護支援専門員)、介護福祉士、社会福祉士、ホームヘルパー2級以上、社会福祉主事、理学療法士、作業療法士、看護師、准看護師の資格保有者に最適です。

かいご畑

介護専門求人サイト〜かいご畑〜

最大の特徴は掲載されている派遣求人で就業が決定した場合、介護の資格講座の受講料が0円になる『キャリアアップ応援制度』。求人応募の対象者は、介護の資格をお持ちでない方(初めての方)から経験者層まで幅広い方が対象です! 介護のお仕事を探している方、介護のお仕事が初めての方、無資格で働きながら、資格取得をしたい方、ブランクがあり、介護の仕事復帰を考えている方、すでに介護職として就業している転職層の方。関東、関西、東海、中国、九州と全国のエリア毎に厳選された介護職の求人情報を6,000件以上掲載しています。

人気の記事はこちら

1

介護の仕事は好きなんだけど、職場の人間関係が辛いんです・・・ 介護現場で働く人からはこんな声がよく聞かれます。 介護現場で働く人は、他人に奉仕したいという気持ちの強い人が多く、基本的には心が優しい人が ...

2

はぁ・・・これじゃ生活が苦しい・・・ 毎月の給料日、あなたはこんな思いをしていませんか? お金の問題は切実です。 でも、「介護職は給料が安い」と諦めないでください。介護職でも給料を上げ、高年収を実現さ ...

3

Contents 人間関係給料ボーナス残業代夜勤いじめ看護師との連携介護現場での事故人間関係 介護士の世界は一種独特なので、他の業界の常識が通用しない面はあるかもしれません。 「合理的にお金を稼ぐ」と ...

-介護現場のストレス

Copyright© 介護職を辞めたい・・・【介護コンサルタントが教えるその悩みの解決方法】 , 2021 All Rights Reserved.