介護の仕事 介護施設の管理職 介護施設運営

介護現場の倫理研修は法令遵守の徹底が基本

更新日:

 

正しい倫理研修の実施方法

近年、介護現場での事故や不正の報道が増えてきました。

このような事態を招かないよう、介護職員に対する各種の研修も多く開催されるようになっています。

中でも倫理研修の重要性は、広く認められるところです。

一般的な倫理研修は効果がない

倫理教育の内容として「介護職はこうあるべき」とか「介護職ならこれをしてはいけない」という道徳教育的なものでは、効果はなかなか上がりません。

職員に介護職の心得を印刷した読本を配付している介護事業所もありますが、目を通しているスタッフは少ないというのが現実だと思われます。

また、現場で介護職員と話していてて驚くのは、「倫理研修なんて受けた記憶がない」と、まったく内容を覚えていないケースが意外に多いことです。

つまり、現場スタッフに、研修内容が実感として伝わっていないのです。

利用者の心を疑似体験する研修

介護職の研修において、身体や認知上の障害を疑似体験するというプログラムがよく見られます。

近年では、「認知症高齢者疑似体験プログラム」なども注目されています。

認知症高齢者疑似体験プログラムは、ヘッドフォンとへッドマウントデイスプレイを装着し、映像中の架空の屋内でトイレの場所を探したりするというものです。

多くの介護施設でも、いくつかの疑似体験プログラムを導入して、新人研修にあてているのではないでしょうか。

ただし、重要なのは「ただ体験して終わり」ではなく、体験を通じてどんな気分になったか、そのときに他者がどんな態度で接し、どんな言葉をかけてくれると安心できるか、という点を一人ひとりが紙に書き出すという「振り返り」です。

つまり、疑似体験プログラムを活用して、心の振り返りを行うという行為が重要になるのです。

そのうえで、その記入したシー卜をペアになったスタッフ同士が交換します。

そして、一人が介護者役、もう一人が要介護者役になり、「こうしてもらったらうれしい」という記入内容に沿って介護者役がサポー卜の言葉をかけていきます。

ひと通り終了したら、役を交代します。

こうした疑似体験の場合、「陣害のある人は大変だな」というレベルの実感で終わってしまうと、「所詮、自分には関係ない」という心理に落ち着いてしまいがちなので、自分にもそうなる可能性があり、そのときにどんな支援があると嬉しいというビジョンにまで掘り下げることが必要になります。

職員間の話し合いで理解を深め、研修の効果を最大化する

この研修の最後は、何人かのグループに分かれて、「介護者役となってサポートを行ったとき、日常業務などでは思いつかない、もしくはなかなかそこまでできていないと気づいたことは何か」について話し合ってください。

つまり、それまでの業務のなかで抜けていたボイントを再確認するのです。

話し合いができたら、グループ毎にまとまった再確認ポイントを発表します。

例えば、実際の研修で出てきたポイントの中に「親切心のつもりであれこれと指示を出されると、子ども扱いされているようで気分が悪くなるので、個人の意思をっもっと尊重してほしい」という意見などが出るようになります。

この認識などは、要介護者の尊厳を理解する重要なポイントだといえます。

若いスタッフの場合、頭では自立支援という概念がわかっていても、実際に現場に立っと「困っていることをサポートしてあげるという善意の押しつけに陥ってしまうことがあるため、要介護者はイライラするわけです。

介護職側に「なぜイライラされなければならないのか」との思いがあると、言動が自然にきつくなる可能性があります。

こうした心の行き違いが虐待などの不祥事の温床になるという点に気づければ、倫理研修としては大きな成果を上げることができるでしょう。

【ポイント】

■利用者の尊厳を守ることを、バーチャルプログラムで実感させる

■意識せずにやっている『間違い』をロールプレイなどで気づかせる

接遇マナーの教育も倫理研修効果的

倫理研修では、頭で考えることだけでなく、「接遇などの形を身につける」ことも同時に行うと効果的です。

形を整えれば、相手の反応をやわらげることができ、「相手のイライラがこちらのイライラを呼ぶ」という悪循環を避ける効果が期待できます。

中には、接遇というよりも「社会常識」に近いマナーを最初に徹底して身につけさせるケースもあるようです。

例えば、電話の応対、訪問先でのあいさつ、名刺交換のやり方などです。

誰でも知っていそうなことですが、完璧にできる人は、意外に少ないのではないでしょうか。

身だしなみや言葉遣いを人事評価のボイン卜にしている事業所もあり、研修においても「話を間く態度」などを厳しく指導しています。

結果的に「研修内容がよく浸透するようになった」という報告もあります。

徹底したマナー研修の効果

「ゆとり世代は常識がない」とか「家でのしつけができていない」といった家庭内教育の問題が指摘されるようになってから、すでに何十年も経過していますので、社会常識的なマナーが未熟という世代が介護職員の中にも多くいるはずです。

そのためにも、スタッフが顧客対応をする際の場面をリスト化し、そこで生じる接遇マナーの正しいあり方を教え込む必要があるのです。

同時にマニュアルも整備しつつ、定期的に「接遇マナーコンテスト」を開催しながら、優秀者を待遇面で評価する仕組みを設けるのも効果的でしょう。

コンテストの流れは、マニュアルの内容をまず事前に習熟させ、当日、そのなかの接遇場面から一つ課題として提示します。

例えば、「利用者家族から電話がかかってきたときのあいさつから、電話ロでの対応まで」という具合です。

どの場面が課題として示されるかは当日までわからないので、評価を受けるス夕ッフはマニュアル全体を通して習熟していくことが必要になり、結果としてマナーが身につくようになります。

マナー研修が安心感につながる

この徹底した接遇マナー研修を行った結果、事業所内における同僚との会話においても、言葉追いが丁寧になったり、慌ただしさのなかで汚れ気味だった事業所内も掃除が行き届くようになるという効果も認められています。

介護施設内での言葉遣いが丁寧になったり、事業所内が清潔になれば、スタッフ同士の関係がよくなり、精神状態を安定させるカとなるでしょう。

つまり、自信による心のエネルギーの安定による「ス夕ッフのメンタル面への好影響」が期待できるようになるのです。

これにより、虐待などの事故リスクの軽減にも役立つことになりました。

地域社会への影響

さらに、この接遇マナーの向上を、利用者だけでなく地域全体に波及させられればベストです。

「地域の人とすれ違ったら必ず声を出してあいさつをする」「始業前、定期的に町内を掃除する」という習慣ができれば、地域との関係も一層よくなるでしょう。

介護施設の運営は、地域社会の協力が不可欠です。その点でも、接遇マナーの向上が大きな力になることを頭に入れておきたいものです。

【ポイント】

■接遇マナーを徹底的に鍛え、定期的にコンテス卜などで評価する

■接遇マナーの向上が、対利用者、スタッフ同士のメンタル面も安定させる

介護関連の情報を取得できるサイト

メドフィット 介護求人.com

「メドフィット」は、医療・介護専門の求人情報を無料でご提供するサイトです。医療・介護の求人数は業界最大級!専任エージェントがあなたの転職・就職を徹底サポート。メドフィットだから納得の転職を実現します。介護福祉士、社会福祉士、ケアマネージャー、ホームヘルパー、介護職員実務者研修、精神保健福祉士(介護職)、臨床検査技師、臨床工学技士、放射線技師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、機能訓練士、視能訓練士、細胞検査士、胚培養士の方にオススメです。

スマイルSUPPORT介護

「スマイルSUPPORT介護」 介護のお仕事紹介

 介護分野の総合人材サービスで、職業紹介、紹介予定派遣、派遣、新卒・第二新卒紹介すべてをサポートします。経験豊富なキャリアコンサルタントが担当し、希望条件や要望をもとにお仕事を紹介します。面接の日程調整や条件交渉もサポートします。全国の求人の取り扱い増加中!ケアマネージャー(介護支援専門員)、介護福祉士、社会福祉士、ホームヘルパー2級以上、社会福祉主事、理学療法士、作業療法士、看護師、准看護師の資格保有者に最適です。

かいご畑

介護専門求人サイト〜かいご畑〜

最大の特徴は掲載されている派遣求人で就業が決定した場合、介護の資格講座の受講料が0円になる『キャリアアップ応援制度』。求人応募の対象者は、介護の資格をお持ちでない方(初めての方)から経験者層まで幅広い方が対象です! 介護のお仕事を探している方、介護のお仕事が初めての方、無資格で働きながら、資格取得をしたい方、ブランクがあり、介護の仕事復帰を考えている方、すでに介護職として就業している転職層の方。関東、関西、東海、中国、九州と全国のエリア毎に厳選された介護職の求人情報を6,000件以上掲載しています。

人気の記事はこちら

1

介護の仕事は好きなんだけど、職場の人間関係が辛いんです・・・ 介護現場で働く人からはこんな声がよく聞かれます。 介護現場で働く人は、他人に奉仕したいという気持ちの強い人が多く、基本的には心が優しい人が ...

2

はぁ・・・これじゃ生活が苦しい・・・ 毎月の給料日、あなたはこんな思いをしていませんか? お金の問題は切実です。 でも、「介護職は給料が安い」と諦めないでください。介護職でも給料を上げ、高年収を実現さ ...

3

Contents 人間関係給料ボーナス残業代夜勤いじめ看護師との連携介護現場での事故人間関係 介護士の世界は一種独特なので、他の業界の常識が通用しない面はあるかもしれません。 「合理的にお金を稼ぐ」と ...

-介護の仕事, 介護施設の管理職, 介護施設運営

Copyright© 介護職を辞めたい・・・【介護コンサルタントが教えるその悩みの解決方法】 , 2021 All Rights Reserved.